日本水治療振興会

水と健康社は日本水治療振興会に組織名を変更しました 2018-10-01

 日本水治療振興会は、創業当時から良い水を求めて多くの自然水や加工水を探求調査してまいりました。その結果、一般家庭に常設し何時でも使用できる水、総合的に健康増進に価値ありとして、国家に医療器としても承認されている水処理器は、浄水と電解が組み込まれた電解水素水生成器、(アルカリイオン水生成器)と結論付けました。

 

 電解水とは、水を電気分解する事で陰極に生成される水素を含むアルカリ性の還元水と、陽極に生成する酸素を含む酸性水です。

 

 水は使用目的によって加工し使用する事で大きな効果を発揮します。日本水治療振興会は、価値ある水のより一層の普及を目的にこれからも事業を進めてまいります。

 

 多くのご愛用の皆様には長きにわたりご支援をいただき感謝申し上げます。これからも宜しく願い申し上げます。 

日本水治療振興会 代表 福井和昭


 

電解直後の陰極水には、水素は見える状態でコップに入ります。数十秒で見えなくなりますが、数時間は溶存しており、アルカリ性の水素水として還元効果があります。

 

陰極水の効能効果、慢性下痢・胃腸内異常発酵・消化不良・胃酸過多・制酸

陽極水の効能効果、アストリンゼント(化粧水)


生体は水液循環構造体


体内の水分量は何%でしょうか。

健康維持増進に、ご家族の生活水を考える事は当然の事でしよう。人体を構成維持している体内水を、生体が受け入れる水質に切り替えた方々の体質は自然に改善し、家族みんなの体調は大きく改善しています。

その共通点は、風邪を引きにくくなり、引いても早く回復するという点です。免疫力の向上は健康法の基礎です。水が生体の健康を多少なりとも左右できる理由は、飲用する水が生体浄化を促進し、免疫作用を促進するからでしょう。

 


飲み水は30秒で血液に到達する。

飲んだ水、体内のそれぞれの部位に到達する時間は早かった。これからも電解水素水をしっかり飲用しよう。